上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のあらすじ
「貴様の彼氏の携帯にエロ画像が入っているぞ!」
(*本編とあらすじの内容は違う場合がゴザイマス)


ゆん「つまりは、入ってたんだ・・・こば君の携帯に エロ画像。」

ヤミ「ん、しっかり隠し持っていやがった!」

フジムー「・・・・かわいそうに・・・・・」 

ヤミ「あ、でも消させたとかそういうのはないよ!  むしろ

   「うむ、正常発達だ!」 って、言ってやったわ!」

フジムー「逆にヒデェーΣ( ̄ロ ̄lll)

ゆん「あ、やっぱソレは男としてはアウトな返答なの?」

フジムー「ェ?だって、イヤじゃね?」

ゆん「いや、かまめしコレでも女の子だから同意求められたら困る。」

フジムー「・・・・・そうか

明らかな驚きはヤメテクレ。

ゆん「そういえば、うちも、

   ハチ公のエロ本机に並べて遊んだことあったな。」

フジムー「はっ!?」

ヤク「あ、ソレ聞いて思い出した!」

回想シーン
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

とある日、ヤミがこば君家に泊まったときのこと・・・

こば君は熟睡していたそうな・・・・


ヤミ「こば こば  ちょっと起きて。」


熟睡してる人を起こすなんて・・・(´Д` )


こば「・・・ん? 何?ヤミ?」



ヤミ「ミナコってダレ?」


ダレーΣ( ̄ロ ̄lll)

こば「・・・・・・だれ?」

こば君も知らないみたいです。

ヤミ「いまさぁ・・・・


   寝言で言ってたんだよね。」

こば「ぇ・・・?!  はっ!?」

ヤミ「・・・・ミナコってさぁー アンタの部屋にある『×××』っていう





   AVの主演女優の名前よねぇ?」

こば「へ? あ、  う!? な、なんでしって・・・・? ぇ?」

ヤミ「へぇー・・・・・ そーゆー夢みてたんだぁー ふ~ん」

↑↑↑↑↑↑↑↑
回想終了



ヤミ「って、事があったんだよね。」

ゆん「・・・・」

なんてフォローしていいか困ります。

ゆん「ぇ・・・っとぉ・・・」


ヤミ「まぁ、



   寝言なんて言ってなかったけどね。」


なんですとー!?Σ(○ロ○lll)


フジムー「はっ!? どういうことぉ!?」

ヤミ「ぇ・・・どういうことって そういうこと。」

事の成り行きは・・・

こば君家に隠されていたエロビデオ見つけた事からはじまった・・・

見つけたヤミはどうにかして遊べないものかと考えた。

・・・遊べないものかと・・・・・・・・




超S-Σ( ̄ロ ̄lll)

フジムー「つまり、寝言なんて言ってないこばを、いきなりたたき起こして・・・・。

      ヒデェー・・・酷すぎる。」

ヤミ「そうなの。 流石に酷すぎたなぁ・・って思ったから、早く真実を話さなくっちゃ、とは思っているんだけど・・・。」

ゆん「・・・・だけど?」

ヤミ「未だに、こばは自分は寝言でAV女優の名前を言う と勘違いしたままよ。

フジムー「ひでぇー!!!Σ( ̄ロ ̄lll)」

ゆん「って、もしかして、ヤミ!こば君が合宿来ないのってソレが原因じゃない!?」

フジムー「寝言で、AV女優の名前言うんだって思ったらうかうか寝てらんないもんな!」

ゆん「知らないところで、被害拡大してますヨお嬢さん!」

ヤミ「・・・そうか・・・ソレは悪いことしたなぁ・・・・




   でも、まぁ、関係ないし。」

あるだろー!!Σ( ̄ロ ̄lll)


ゆん「でも、ソレ、チョー楽しそうな反応返ってきそう
ヤミ「でしょう! ハチ公君にもやってみなよ!
↑↑↑↑↑↑↑
フジムー「かわいそうだからヤメテやってくれ」 >(。Д。)
あ、ランキングです(現在?番台:大学生日記分類)
自分ドコー>(。Д。)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kamayun.blog77.fc2.com/tb.php/308-f5faf28d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。