上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと昔の話になるのですが
ひらりんからいきなりメールが来ました

ひらりん(元高の男の子)はたまーに『カラオケ』やら『飲み会』やらのお誘いを
短文のメールでくれます。
それはそれは 5W1H を一から教えたくなるくらい 素敵な短文メール


まぁ、そんな短文っぷりはさておき~


ゆん(ぉっ♪ カラオケの誘いかなぁ~?)


と、若干ウキウキでメールを開きましたところぉ~?




ひらりん:かまめし、胸のサイズ何?

いきなり何のセクハラっ!?Σ(´Д` )



今回の日記はこんなちょっと・・・いや、かなりシモネタが入った話です(笑)
ネタがネタなんで「もっと読む」からどうぞ(笑)
ちなみに完全なる「エロトーク」
笑いもクソも有ったもんじゃないとか思う。ヾ(´▽`;)ゝ

じゃぁ、ホワイトデート第四弾いってみよう☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
さて、お昼をとって、一度ハチ公の家に向かいます。
ガス代やら、電気代やら色々払う為です。

ハチ公がガス代と電気代を払いに行っている間、ゆんは一人でお留守番。

でも、寂しくはアリマセン。
なぜなら、ハチ公はたくさんの本(漫画)を残してくれたからです!

今回の本
→「杏子ボンバイエ

anko.jpg



見ての通りのエロギャグ漫画


チャラーン~♪ 勇者かまめしは「卑猥な知識」を手に入れた。


モンスターハチ公が現れたぞ

ゆんの攻撃

ゆん「ねぇ、ハチ公。ねぇ、ハチ公!」

ゆんは呼びかけた

ハチ公「ん~?」

ハチ公は興味がないようだ

ゆん「ゴムってさぁ~」

ハチ公「ん~。」

ゆん「付けにくそうだよね

ハチ公「ゴムってそっちの方の!?Σ( ̄ロ ̄lll)」

ゆん「そう、買うのが恥ずかしい方。」

ハチ公「・・・そ、それは・・・・慣れてないと難しいけどさ。」

ゆん「・・・・あれ? でもさ。」

ハチ公「(/-\*) もぅ、なんだよ。」

ゆん「・・・・粗相無くこなしてたよね。初めてのとき。」



モンスター(ハチ公)ダメージ100



ハチ公「・・・・・・それは・・・・・」

ゆん「・・・・・・練習でもしたの?」

ハチ公「・・・ぁー・・・ぅー・・・・・・


                    うん

ゆん「どやって?」

ハチ公「まだ聞くの!?」

ゆん「ん~・・・バナナとか?」

ハチ公「い・・・いやぁ・・・あの  ですね・・・  じ、自分ので・・・。」

ゆん「生々しいな。」

ハチ公「ゆんが聞いてきたんだろ!?」

女の子も大変ですが
男の子も大変ですね
↑↑↑↑↑↑↑
あ、ランキングです(現在200番代後半をうろうろ:大学生日記分類)
200番以内を狙っています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kamayun.blog77.fc2.com/tb.php/222-d4f88ab5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。