上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケンカしてても、大寒波でも、受験生いっぱいでも デートです@かまめしゆんです

本日は久々の福岡プラツキデート★

博多駅で待ち合わせ~


ひさびさにゆんが待ちました。(15分)





いやぁ・・・ホント久々に。(笑)


いつもはゆんが 30分・・・以上  待たせますからね。





で、もちろんそんな遅刻癖があるゆんですのでハチ公を攻めることはもちろんしません。

しませんよ!?

ホ・・・ホント、シ・・・しません・・・よ?   ホント・・・・・・してないよね?





ゆん「よし!じゃぁ、今からどこ行こうかヽ( ´∀`)ノキャナルかいなぁ?

ハチ公「あ、ゴメンけど先に行きたいところある。」

ゆん「ぉ、何の用事だ! いいぜ、行こう行こう」


ハチ公「。」


お前、何でココにきた。(´▽` )




どうやら、ゆんを迎えに来たようだが・・・・




ん~・・・








二度手間じゃね?





と、言うわけで、出鼻折られてハチ公宅へ


戻った理由はギリギリまでハチ公が寝ていたため(ゆんが寝せていた為とも言う)帰郷の準備が整っていなかったから。

と、いうわけで、さくさくとハチ公宅まで行きます・・・・  が、寒っ!


電車を待ちながら、武者震えが止まらない・・・・

ハチ公「大丈夫?」

ゆん「・・・寒い・・・・。」

ハチ公「ごめん・・ね?  あぁ・・・・ 今日の格好、お嬢様っぽくて、可愛いねニアウヨォ~」



ゆん「寒い・・寒い・・寒い・・・寒い・・・  死ぬ!」



・・・・(´▽` )・・・・・



ハチ公「・・・寒すぎて、しゃべりたくないか?」

ゆん「あっ! さっきな! デッカイサングラスのチョー美人見た!」

ハチ公「しゃべれるじゃん!」

ゆん「なんかな、グラサン、スゲー黒くてデカくて、
  顔の1/3くらい隠れてんの
!」

ハチ公「ドコで美人って判断したんだよΣ(´Д` )ホボカクレテンジャン」
 
ゆん「鼻と口だけで、美人ですよぉ~って伝わってきた(  ´∀`)アサカライイモノミッタッス」

ハチ公「ゆん、 キタローの妖怪レーダーみたいだね
     ・・・・ぁ、 ゆんさんゆんさん、あれあれ。」

ゆん「ん?」

ハチ公「美脚!

ゆん「なっ!Σ( ̄ロ ̄lll)  ハチ公最低!













   アレは美脚とガリ痩せの微妙な線だゎ


ハチ公「・・・・ゆんさん厳しいね。」

ゆん「・・・自分の着てる服の合計は 3900円なのにね(靴含む)」

ハチ公「Σ(´Д` )!?」

ゆん「ちなみに靴が 2000円よ。」

ハチ公「半額以上やん!」

ゆん「この間トータルの値段が 友達のコートの半額以下だったゎ・・・。」


ハチ公「・・・・ど、どんま」


ゆん「あっ! 美人発見!」


ハチ公「・・・・・」



学生さんはお金が無い
だから愛をほしがるの!

愛の変わりにぽちっと押しちゃってくださると有りがたい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kamayun.blog77.fc2.com/tb.php/196-5e88007c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。