上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.05 帰路。
十分じゃないけど、かなり楽しんだ帰り道(前回記事参照
車内でテンションが上がりまくる ゆん

ゆん「めっちゃ楽しかった!乗り物酔いしたのが残念だったけど!」

一方、正直しんどそうなハチ公

ハチ公「だね、楽しかったね。」

でも、ゆんへの心遣いは忘れていないヽ( ´∀`)ノイイオトコダワ


あまりに申し訳なかったので

ゆん「寝といていいよ?起こしてあげるから。博多がイイ?香椎がイイ?」

ぉ、チョットいい女じゃない?
疲れてるでしょ?寝といてイイのヨ☆みたいな(*スペー○ワールド無理やり誘ったのはゆん

ハチ公「そんな悪いよ。ゆん暇になるじゃん。」

ゆん「大丈夫!外見てウハウハしよくし!」

ハチ公「・・・・・ていうか、」

ゆん「ていうか?」


ハチ公「ゆん、絶対寝るじゃん。」


ゆん「ね、寝ないよ!酷い!!」

ハチ公「起きたら、終点鳥栖とか洒落にならなくない?」

ゆん「いや、私的には問題ない。家、近くなった。」

ハチ公「いや、俺!俺に問題がある!(福岡在住)」

ゆん「って、いや、聞けよ!寝ないつってンじゃん!o(`Д´)o起こしてやるってば」

ハチ公「・・・ほんとに?絶対一人でボーっと外見てれる?」

ゆん「ぉう! 一人で楽しく過ごしてやる!」

ハチ公「・・・・分かった、信じよう。じゃぁ、ゴメンね。寝るよ。」

ゆん「ぉウ!お休み!!」

というわけで、ハチ公が寝てから・・・
一人、博多に近づいていく街並みを電車の中、ぼーっと眺めていました・・・・。



ハチ公ゆん・・・ゆん・・・・ 起きて!!」

ゆん「んぁ?」

ハチ公「もうすぐ香椎だから!」

ゆん「ん~?」

ハチ公「もうすぐだから!(゜ロ゜;三;゜ロ゜)」

ゆん「んー・・・ zzzzz」








ハチ公熟睡してんじゃねぇ!」




ゆん「ていうか、博多まで寝ててよかったんじゃ・・・」*反省の色なし
ハチ公「ぃや、・・・今度は俺の我侭に付き合ってほしいなぁ。。。。とか

小旅行→飲み会→遊園地→ハチ公宅
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kamayun.blog77.fc2.com/tb.php/121-8aba518a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。