上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆん「そういうわけで、別れたのです。」

ひらりん「まぁ、いいんでねぇの?」
*ひらりん:元高、一番中のよい男友達

ゆん「ふに・・・・・・・・はぁ・・・・


   自己嫌悪」


ひらりん「なんだ? 後悔してるのか?」

ゆん「・・・・ん・・・・   やっぱ、ちょっと・・・・・。」

ひらりん「そうだよなぁ

     ハチ公カッコイイしな。カマメシニハモッタイナイ∵ゞ(≧ε≦o)」


ゆん「・・・・・(´▽` )・・・・」




酷いことさらりと言われたけど何より・・・・





そうか、





ハチ公ってカッコよかったんだ…


ゆん「知らんかった!

   つか、嘘やろ、カッコイイか!?」

ひらりん「はー?

     身長もあるし、つれて歩くの気分良かったんじゃないかとか思ってた」

ゆん「ハチ公ブランド物かよ!

   つか、ぇ?それならどう考えても

   功君のほうが!
*功君:元高、長身のダメンズ美男子

ひらりん「功より、俺はハチ公の顔のほうが好きだな
 
     さわやか系? やん。」

ゆん「さわやかぁ~!?あのドエロがか!?」

ひらりん「いや、外見の話だから。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゆん「っと、いう話をひらりんとしました。」

ハチ公「っちょ、ゆ、ゆんさん!?

    ドエロとかは酷くない?」

ゆん「ひらりんすら否定してなかったし、事実なんだよ。周知の。」

ハチ公「ひらりんΣ(〇■o;)」

ゆん「・・・・・じー」

ハチ公「・・・な、なに? 顔じっと見て」

ゆん「なるほど、カッコイイと言われれば・・・・」

ハチ公「(*´ー`)ホント?テレルゼ(*/ー\)」









ゆん「まったく分からないわ


ハチ公「ゆんさーんΣ( ̄ロ ̄lll)


ゆん「ハチ公って男受けする顔だってことは分かった。

   うちは功君の方がカッコイイと思うし、好みの顔はダ1君系だしな。」
*ダ1君:元高、ゆんの憧れBOY、可憐

ハチ公「ヒ、酷いぜ、ゆんさん、 もう、こうなったら









    ひらりんとラブラブしてやる!」

ゆん「グッジョブ!


ハチ公「ゆ、ゆん!?」

ゆん「でも、残念ながら・・・ゆん、腐ってないから萌えてあげれないわ。」


ハチ公、十分腐ってるとか言うな


ゆん「うーん・・・・・分からんわー
ハチ公「ダメいいので、そう何度も言わないで下さい・・・・

早速会って一番初めの会話。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kamayun.blog77.fc2.com/tb.php/114-73d114d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。